スペースシアター 入館料+観覧料
プラネタリウム番組「二人の銀河鉄道~賢治と嘉内の青春~」

二人の銀河鉄道~賢治と嘉内の青春~
【開催日】
2013年09月14日(土)~ 2013年11月09日(土)
2013年11月11日(月)~ 2013年12月01日(日)
2013年12月07日(土)~ 2013年12月19日(木)
2013年12月21日(土)~ 2014年01月13日(月)
【時間】
14時45分~15時30分
【場所】スペースシアター
【費用】大人800円、小中高校生320円(いずれも入館料とのセット券)、幼児200円(入館料無料) すべて当日券になります。
【定員】160名
【対象】どなたでも

★プラネタリウム番組★
「二人の銀河鉄道~賢治と嘉内の青春~」

どこまでもどこまでも僕たち一緒に進んで行こう。
みんなのほんとうの幸いのために・・・

「銀河鉄道の夜」を書いた宮沢賢治の唯一無二の親友が、山梨にいました。保阪嘉内です。嘉内と賢治は、岩手山からの満天の星空と天の川に、「人々の幸せのためになんでもしていこう」という誓いをたてました。そんな二人の想いは、時代を越え輝く星の光になって、私たちに大切なものを教えてくれます。

★山梨ゆかりのプラネタリウム番組★
山梨県立科学館がこれまでオリジナルで制作してきたプラネタリウム番組のうち、山梨にゆかりのあるテーマ、4種類の作品を国民文化祭期間を通じて投影します。今回の作品は第四弾です

※イベント開催や都合により投影内容を変更することがあります。

クレジット

原作: 江宮隆之「二人の銀河鉄道~賢治と嘉内~」(河出書房新社)
声の出演: 金田賢一・山形由紀子
風景絵画: 田原田鶴子、 シルエット画: 木部一樹
音楽: 丸尾めぐみ、音響:パストラルサウンド・北城浩志
テーマ曲 勿忘草
  作詞・作曲: 保阪嘉内、口承:保阪庸夫、編曲:丸尾めぐみ
  歌: 金田賢一・齋藤光悦・高橋伸輔・日野悠平
監修: 加倉井厚夫
協力: 保阪庸夫・向山三樹・アザリア記念会・宮沢和樹・林風舎 岡田幸助・宮沢賢治記念館・寮美千子
資料提供: 保阪庸夫・林風舎・宮沢賢治記念館
ポスターデザイン: 坂本太郎、 ポスター写真: 牛山俊男
映像演出: 広橋勝
プロデュース・脚本: 高橋真理子
制作協力: スターライトスタジオ 著作・制作: 山梨県立科学館