H30年度 土曜科学クラブ活動報告その6
|投稿者:(上)| カテゴリ:イベント情報

第6回目の土曜科学クラブは、
早稲田大学名誉教授 円城寺守先生をお迎えし、
「この石、なーんだ?」をテーマに
普段あまり気にかけない“石”について
たくさんのことを教えてもらいました。

全部同じに見える“石”にも色々な違いがある!!

詳しくお話を聞いた後、石を観察しやすいように、ハンマーで割って小さくしたり、
岩石カッターで石を切断してもらいました。
先生は簡単そうにハンマーで石を割っていましたが、
実際やるにはなかなか難しく、コツがあるそうです☆

岩石カッターの円盤状の刃の周りには
地球上の鉱物で最も硬いダイヤモンドがついています。
それを使うことで、硬い石でも簡単に切ることができてしまうんですね。
ただ心配になるのが、間違って指を切ってしまうということもあるのでは…
それは刃の部分が包丁のように
鋭くとがっているわけではないので、
触っても切れることはないそうです。安心しました~(^^)/

~石の見分け方~
○結晶の粒の方向○
ルーペで観察してみると、
結晶の形が見えるもの、見えないもので分けることができます。
その中でも結晶が見えるものを、結晶の粒がそろっているもの、
バラバラなもので分けることができます!!

○石の硬さ○
クギで石を引っかいてみると石に傷がつくもの、
つかないもので分けることができます。

○塩酸で発泡するか○
石に塩酸をかけてみると、ぶくぶく泡を出すもの、
何もおこらないもので分けることができます。
○磁石に反応○
糸でつるした磁石に石を近づけてみると、くっつくものがあります。

 

これらの色々な方法で石を区別し、仲間分けしていくことで、
その石がなんの石なのかを見極めることができてしまいます。
普段、そこら辺に転がっている石ですが、
興味をもってみると、なかなか奥が深くおもしろいですね♪♪
ぜひ石博士になってみて下さい!

次回の土曜科学クラブは1月19日です!
来年科学館は1月4日から開館しています。
新春お年玉特別イベント\ダンボールスペースアドベンチャー/
も行っているので、ぜひ遊びに来て下さいね☆
それではみなさんよいお年を~(*^^*)