H29年度 土曜科学クラブ活動報告その8
|投稿者:(上)| カテゴリ:イベント情報, 実験・工作

第8回、今年度最後の土曜科学クラブは、科学館の自称“おうじ”を講師にお迎えして、
化学反応を楽しもう!をテーマに3つの実験を行いました。

①反応熱で凍らせよう
氷水4℃に硝酸アンモニウムを混ぜてみると、どんどん温度が下がり、-10℃にまですることができます!これは、吸熱反応といわれるもので、硝酸アンモニウムが水に溶けるときに周りの熱を奪う現象です。
身近にあるもので、夏に使うアイスパンチやヒヤロンのようなものは、この吸熱反応を利用したものになります。

 

 

②クエン酸と重曹で吸熱反応
チャック付き袋の中に、クエン酸と重曹をスプーン1杯ずつ入れ、そこに水を注ぐと…
袋の中で化学反応が起きます。これも①の実験と同じ、周りの熱を奪って冷たくなる、吸熱反応です。ぶくぶくする泡の正体は二酸化炭素です。
この実験のクエン酸と重曹は、お掃除用や食品用などで簡単に手に入れることができるので、家でも簡単に実験できちゃいます♪

 

 

③化学カイロを作ってみよう
活性炭と鉄粉、飽和食塩水を入れよく混ぜる。これをお茶パックに入れ、キッチンペーパーで包みチャック付き袋に入れると、化学カイロになります。これは、鉄粉が酸素とくっついてさびる時に熱を出す、①②の実験と逆の発熱反応です。寒い冬にはぴったりですね!

 

 

そして、今日は最終回ということで、最後におまけの実験も行いました。
冬の乾燥した時期にぴったり!静電気のビリッバチッ☆を体験できる“100人脅し”です。
みんなで輪になり手を繋ぎ、おうじが静電気をためたコップに触ると………☆!(笑)

1年間、いろんな先生に、たくさんの実験や工作を教えてもらいました。
また、学年や学校も違う友達とも協力して、楽しく活動できました。
そんな1年間よくがんばったみなさんには、修了証書をお渡し致します。
この貴重な経験を通して、これからも、もっと科学を好きになっていって下さい(*^^*)

  

 

只今、新年度の土曜科学クラブ会員を募集しております!!
現時点の段階で募集定員の2倍ものご応募、本当にありがとうございます。
応募多数のため抽選となりますが、みなさんのご応募お待ちしております♪
☆締め切り3/10(土)☆